あれは本当に名作でした

今や様々な少女漫画が実写化、映画化されていますが今のところ納得のいくものが少ないですね。
やっぱり少女漫画のファンからしたら、実現するのなら100%でしてほしいっていう感覚がありまして。
無理なのはわかってるんですけど、それでも実写化されたものを見てると無意識にそういうことを求めてしまって物足りなく感じてしまうんですよね。

それでも私が実写化しても尚、作品の良さが衰えることなく見事に再現したものが一つあった気がします。
それは「君に届け」です。

あの作品は素晴らしかったですね。原作の一番の売りであるピュアな感じが完璧に再現されてました。
しかも何度見ても面白いしキュンキュンするしで最高でしたね。

やっぱり少女漫画はキュンキュンしてなんぼですよね。